不動産ホームページのSEO対策

SEO対策とは

GoogleやYahooなどで特定のキーワードから検索して、検索結果の上位にページを表示させるための手法のことです。

Googleキーワード検索 Googleキーワード検索結果

検索結果も上位表示させるには

「どんなキーワードで検索されたいか」を考えることが重要です。

次に、そのキーワードに関する「情報量」と「充実度」がポイントになります。

例えば、「不動産ホームページSEO対策」という本があるとします。

① 不動産ホームページに関するSEOの具体的な方法を紹介した100ページの本

② 3000ページあるが、SEO対策に関係ないことが大半を占める本

①、②のどちらがタイトルやキーワードに対して、良質な本かは言うまでもないと思います。

客付けを目的とした不動産ホームページのSEO対策

一般的に物件を探している消費者は、「地域名 + 物件種別」で検索することが多いです。

特定のエリアの物件が豊富に掲載されている不動産ホームページは、充実していると言えます。

インデックス数を増やす

Googleなどの検索エンジンは、世界中のホームページをチェックしています。
チェックしたページは、データベースに記録されます。

ページをチェックして、データベースに登録する作業をインデックスといいます。
検索エンジンは、データベースの中から、検索条件に合うページを表示します。

不動産業で例えると、

① レインズなどの物件データベースで物件を探す。

② 気に入った物件の情報を印刷して、ファイルに綴じる。

③ お客様の希望条件に合う物件をファイルから探して、ご案内する。

のような流れと同じです。

ページを作成しても、インデックスされないと意味がありません。

インデックス数の調べ方

Googleの検索ボックスに「site:ホームページのURL」を入力して検索すると
インデックスされているページ数が確認できます。

Googleインデックス数検索

情報量と質を考える

ホームページにブログを併設することもあると思いますが、
趣味やペットなど不動産業に関係ない内容をたくさん掲載しているホームページを見かけます。

物件情報のファイルにペットの写真は綴じないと思います。
同様に、関係ないページがたくさんインデックスされても意味がありません。

人柄を知ってもらうための情報発信は重要ですが、サイトを分けて情報発信をすることが効果的です。
※ブログサービスやSNSを活用し、ホームページは物件や不動産業務に関する内容に特化する

効果的にインデックスしてもらうためには

Googleなどの検索エンジンがホームページを訪問する際に、xmlサイトマップを優先してチェックします。

XMLサイトマップとは、各ページのURLや優先度、最終更新日、更新頻度などを記述したファイルです。

検索エンジンがページを巡回しないとインデックスされません。

xmlサイトマップは、検索エンジンがホームページ全体の構造や状態を把握しやすくなるため、インデックスされやすくなります。

ドメイン&SEO強化のお申込をお勧めします

このシステムでは、登録された物件情報をもとに

「地域名 + 物件種別」

「地域名 + 小学校名 + 物件種別」

などの複数の物件一覧に紐づけます。

ドメイン&SEO強化オプションでは、それらの情報から自動的にxmlサイトマップを作成します。

消費者が検索しやすいキーワードを重視した物件一覧が複数インデックスされます。

登録した物件数の5~10倍程度インデックスされるページが増えます。

物件数50件で、インデックス数は200~500になります。

検索エンジンが理解しやすいXML形式のデータを自動的に作成

登録された物件情報から、物件に関する「量」と「質」が高まるページを自動的に生成します。

生成されたページは、xmlサイトマップにより、検索エンジンにインデックスされやすくなります。

物件を登録すればするほど、検索されやすくなり反響につながります。

ページトップへ